脚痩せをしたいなら!すべき座り方、歩き方。日頃のちょっとした意識を変えてみる

椅子に座って1日の大半を過ごすということも多い方もいらっしゃると思います。

私は、太ももが太く学生の頃からコンプレックスでした。

 

運動もしていましたし、歩くことの多い生活。

食事の面でも気をつけて意識しているのになんで脚が太いの?と‥。

 

 

調べてみると、

筋肉トレーニングをすると逆に足が太くなってしまったという方もいれば、

 

ダイエットをしても脚以外のところばかり痩せてしまうなんて方も多いです。

 

運動習慣もなく、歩くのが嫌いだという友人の生活と比べ、

不平等にも思えどう対策をしていいものかと思っていました。

脚が太いのは姿勢が悪いせいかも・・・

 

最近、ふと思ったことなのですが

姿勢が悪いことも体型に大きな影響をもたらすことを聞いたことありませんか?

 

例えば、椅子には深く腰掛けず背もたれに寄っかかるような座り方をすると楽にも感じ、

長時間座っているとふとそんな体勢で座ってしまっていることに気がつきます。

 

背中は丸まり、腹筋を緩ませてしまっている状態です。

背もたれにもたれず座るだけで痩せる?!

その姿勢に意識を向け、

お尻をピタッと背もたれにつけ、寄っかからないように座ってみてください。

ただ座っているだけですが、

ウエスト意識にをもたせなければならないことを実感できると思います。

この座り方を続けることでインナーマッスルが鍛えられているそうです。

膝をぴったりとつけて座るのも脚痩せには効果的

同じような効果を期待できるのが

先ほどの態勢を取りながらも両膝に意識を向け、つけた状態を保つことに意識します。

 

割ときついのですが、コレが腿の内側の筋肉がピリピリとしてき

筋肉を使っているのを実感でき、たるんだ太ももにはいい運動です。

ただ歩いてるだけでは脚痩せしない!

歩き方にも脚痩せするコツがあります!

 

実は、歩き方にも少し注意するだけで簡単に効果を出すことができるのです。

 

通勤や移動などで歩く機会が多い人の中には、

普段通りの生活を送るだけでウォーキングはできていると考える人もいるでしょう。

しかし、だらだらと歩いているだけでは、脚痩せ効果を期待することはできません

 

引き締まった綺麗な脚を目指したいのであれば、正しい歩き方を心がけることが何よりも重要となります。

脚痩せに効果的な正しい歩き方とは?

その歩き方とは「脚の親指に力をいれる」という方法です。

 

普段歩いている時って、特に親指に意識をして歩いていませんよね。

 

実は、歩き方のクセによっては骨盤の歪みを引き起こしてしまい、

下半身ばかり太りやすい体になってしまうことも。

 

そこで、親指に力を入れて歩くように変えてみると、

骨盤を内側にきゅっと戻してくれるので

 

脚はもちろんお尻などの下半身全体痩せに効果が期待できます。

足の親指に力を入れることで下半身痩せ&基礎代謝アップ!

 

親指に力を入れることによって姿勢も良くなりますから、スタイルアップにも期待ができますし、

筋肉の付き方もバランス良く綺麗になりますから、基礎代謝の向上にも繋がりますね。

 

もし、履いている靴の裏が一部分だけすり減っていたり、

パンプスのヒールの形が歪んでいる場合には、

 

骨盤の歪みがあって痩せにくい体になっている可能性が高いです。

 

親指に力を入れる、ただそれだけでも十分効果はありますから是非試してみてください!

 

さらに脚痩せを加速させるためのきれいな歩き方ポイント

 

+αで出来ると更にGOOD!ポイントをご紹介します。

もし「親指に力を入れる」に加えて余裕があれば姿勢にも注意すると効果が倍増します。

歩き方の正しい姿勢とは、

背筋を伸ばした状態で腕も大きく振りながら歩いていくことが大切です。

 

足を地面につける時には、

まず踵から着地させ、

全体を地面につけた後、

踵を浮かして最後につま先を地面から離すという流れを意識しておくと良いでしょう。

 

正しい歩き方をすれば、脚に綺麗な筋肉がつきやすくなります。

更に、だらだらと歩いた場合とは違い、脂肪も燃焼されやすい状態へと変わります。

 

そのため、脚痩せをしたいと考えているのであれば、

綺麗な歩き方をマスターすることがポイントになってきます。

 

普段の移動も、正しい歩き方を意識して行うようにすれば、スッキリとした脚に変わりやすい状態を作ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です